昨日は十五夜でしたね♪

はいたい!!
みなさま昨日はスーパームーンご覧になりましたか??(●^o^●)
月が地球へ最接近することから、普段よりも月が大きくてきれいに見えるそうですよ♪
本日までスーパームーンは見られるそうなので、夜は空を眺めてみてください(^_^)
406fddd42026b1dc4441ff5bdc5d1093_s

さて!!本日は、十五夜の時に食べるお菓子『ふちゃぎ』についてご紹介いたします☆
ふちゃぎは沖縄で食べられているお菓子の一つで、餅粉をこねて蒸したものに同じくゆでた小豆をまぶしつけたものです。
旧暦の8月15日(15夜)に豊作を祈願し、仏壇・神棚にお供えし、そのあとにみんなで食べる縁起物となっています♪


「小豆」
→魔除けの意味があり、小豆をつぶさずにまぶすことで災難除けを祈願するといわれています(^_^)

「形」
→形は小判型。または俵型。

「ふちゃぎの種類」
一般的なふちゃぎ:ひたひたの水に塩を加え、煮崩れしないように小豆をゆでて粗熱を取る。
 その間に餅を蒸し、蒸した餅に粗熱を取った小豆をふりつける。
甘ふちゃぎ:作り方は一般的なものと一緒ですが、小豆をゆでる時に砂糖や黒砂糖で甘く煮ることで甘ふちゃぎを作る。
紅芋ふちゃぎ:餅粉を練るときに紅芋粉を加えて混ぜることでサツマイモの風味を出す。


ふちゃぎは餅として売られているが、沖縄県外ではもち米をついたものが餅と呼ばれ餅粉を練って蒸したものは団子と呼ばれています。
なので、沖縄のふちゃぎは餅よりも団子の位置に相当します(^_^)/

ふちゃぎを食べたことがない方、一度召し上がってみてはいかがですか??♪
作り方も簡単なので手軽に作ることができますよ(●^o^●)
ぜひお試しください☆

Author Profile

mami
沖縄国際大学に在学中で現在3年次です!!
美味しいものが好きでよくいろんな所に食べに行ったりしています♪
よろしくお願いします!!

mami

沖縄国際大学に在学中で現在3年次です!! 美味しいものが好きでよくいろんな所に食べに行ったりしています♪ よろしくお願いします!!