台風通過後の後片付けまとめ

こんにちは。 ようやく台風8号が沖縄を通過したということで、台風通過後にやるべきことをまとめました。

今、台風が向かっている九州辺りにお住まいの方は、台風対策まとめましたもチェックしてみてくださいね。

台風が通過後必ずやりたいこと

庭先やベランダ等にある植物の塩害対策


3c223a27556a0b24c84892b4948ea4a7_s 台風による雨風がなくなったら、庭先にある植物に水をかけてあげましょう。 台風は、海水をまき散らしながら上陸していきます。 木や茎、根などが折れていなくて異常がないように見えても、植物の葉っぱの部分は塩害を受けやすいです。 植物が枯れてしまう前に、水洗いをしてあげましょう。 ちなみに、沖縄の人がよく食べるゴーヤは意外にも、塩害を受けやすい食材の一つです。

車やバイク、自転車を洗車


71ba19722b2e67bd90eb20d1c24849c1_s これらの乗り物類も塩害を受けることがあります。 雨風が弱まったら、洗車することをおすすめします。 店舗等であれば、シャッターなどの金属類も水で洗い流すといいでしょう。 家の錆やすい部分は、水で洗い流したり、拭き取ったりすることをおすすめします。

窓ガラス等に貼ったガムテープをはがす


da35b7fb901d565fc5026aa6aaf917e3_s 窓ガラスが割れないように対策したり、洗濯機のフタが飛ばないようにガムテープ等でとめた方も多いと思います。 台風が過ぎ去ったあとは、ガムテープを綺麗にはがしたいですよね。 テープはがしなどの製品を使う方法もありますが、家にあるもので代用することができます。

マニキュア落としの液をコットン等に含んで、軽くふきあげると簡単にとれることもあります。 一度、どこかで試して異常がなければ全体に使用してみてください。

消しゴムでこすっても剥がれます。(消しカスがでますが・・・。) これならお子さんと一緒に台風の後片付けもできますね。

家の周りに落ちている木々などの処分


IMG_20140709_121200 台風が過ぎ去ったあとは、雨水がどんどん排水溝に向かって流れていきます。 排水溝に物が溜まってしまうとなかなか水がはけてくれません。

自宅の敷地内やベランダ、家の周辺の道に水はけの悪くなりそうなものがあれば早いうちに処分しましょう。 道端に石などが落ちていることもあります。 パンクや怪我などに繋がる恐れがあるので、こちらも早めにどかしておきましょう。

木の枝の処分方法は、必ず各市町村のサイトや分別表を見て確認をしてから処分するようにしましょう。

玄関など室内に植木鉢などを移動させた場合


dc2a10fe3fa48fe0dacf45bb0df5b923_s 室内などに植木鉢などを移動させた場合、アリなどが一緒に室内に入り込んだ可能性があります。 台所などにアリが大量発生しないうちに、植木鉢等を置いていた場所周辺はしっかり水拭き・アリ退治をしておきましょう。

もし、室内にアリが入り込んだ・不安だという方は、台所周辺を酢で拭き掃除しましょう。 原液だと匂いがキツいという場合は、少し薄めてからつかうといいでしょう。 アリだけでなく、他の虫も酢が苦手なものが多いので効果的です。

たなべ さおり

今年の春に佐賀から沖縄に移住してきました。 好きなことは、サッカー観戦と食べることです。