台風8号接近中!台風対策まとめました

台風8号接近中!台風対策まとめました。

台風では初めて、「特別警報」を今夜(7月7日)に出す可能性があると発表されました。 大雨、暴風、高潮、波浪の4種類の特別警報が沖縄・宮古地方に出される予定です。

・・・というわけで、基本的な台風対策をまとめました。 台風が来る前にもう一度確認してみてはいかがでしょうか。

IMG_20140707_132909

窓のサッシ部分に新聞紙やタオルを敷く。

窓のサッシ部分に新聞紙やタオルを敷くことで、強風で雨が吹き込んでくるのを防ぐことができます。

45a674620d598c13e112967956c57ae8_s

窓や洗濯機は、ガムテープで対策

台風対策では、ガムテープが必須アイテムです。

まずは、窓ガラスの台風対策です。 沖縄の物件は、雨戸がないものが多いです。 風で物が飛ばされてきて、窓ガラスが割れるのを防ぐためにガラスに「×」印にガムテープを貼りましょう。 万が一窓ガラスが割れた時に、室内へのガラスの飛び散りをある程度防ぐことができます。
また、カーテンやブラインドを下げておくようにしましょう。
次に室外に洗濯機を置いている場合の台風対策です。 台風対策で忘れがちなのは、洗濯機のへの対策。洗濯機のフタは強風で飛ばされやすいです。 フタは、センサーの役割をしていることが多いので、修理が大変・もしくは修理することができません。 ガムテープでしっかり固定するようにしましょう。 ガムテープの跡が残るのがいや!という方は、布ガムテープを活用するといいでしょう。

また、洗濯機自体が風で移動する恐れがあります。 ロープなどでがっちり固定させたり、配線などがちぎれないように台風の前に一旦外しておくなどしましょう。 洗濯機の中に水を溜めて重くしておくという方法もあります。

b2142f71b67d359a56983842b9aae02b_s

ベランダや庭先の台風対策

排水溝にゴミが入っていないかチェックしましょう。 ゴミが詰まっていると水はけが悪くなり、水が溢れだしてしまいます。 また、落ち葉などの庭先のゴミも片付けるようにしましょう。

物干竿は、おろすようにしましょう。 風で物押し竿が落ちてしまった時に、窓ガラスが割れてしまったり、人にぶつかってしまう恐れがあります。

植木鉢等の植物は、室内や物置等に移動させるようにしましょう。 植木鉢等は飛びやすいだけでなく、海に面している沖縄では、塩害が発生する恐れがあります。 植物が痛まないためにも室内に片付けるようにしましょう。

fe918ece64401fd6cf480dc0d030bbb8_s

室内の台風対策

塩害による長期停電や断水が行われる可能性もあります。 その場合に備えて、台風対策を行うようにしましょう。

食料品は万が一の際に備えて1~3日分程度用意しておくとよいでしょう。

水の用意も忘れないようにしましょう。 不安な方は、浴槽の中に水を貯めておくと断水になった時に便利でしょう。

電化製品や家財道具などの生活用品や貴重品は、浸水した場合に備えて高いところに置いておくとよいでしょう。

いかがでしたか? 台風対策をしっかり行って、万が一に備えるようにしましょう。

たなべ さおり

今年の春に佐賀から沖縄に移住してきました。 好きなことは、サッカー観戦と食べることです。

コメント