今日はおいしいお肉の日!

はいさいーい、元気してますかー! 今日も上から圧力をかけられたので記事を書いています

実は結構な頻度…というより、ほぼ毎日のように記事をあげていると、さすがにネタがなくなってくるんですよね。というわけでして、ここ「はいさい沖縄」と、その姉妹サイトである「マジデジ!」では常時ネタの募集をしております!よろしくお願いします!いやホント頼みますマジで。

それでは早速、本題に入りましょう。

みなさんは今日(11月29日)が何の日がご存知でしょうか?

あ、そこ!すぐGoogleで検索しようとする!まったく、仕方がないですねぇ…
正解は「いい肉」の日です!その理由は、もちろん「11月29日」の語呂合わせですよ。
というわけで、「いい肉」の日にちなんだ記事になります。

沖縄県産牛

もとぶ牛

沖縄生まれ・沖縄育ちであり、「もとぶ牧場」の所有牛のみを指す。

一般的に、牛肉に含まれる不飽和脂肪酸の割合がその肉の旨味を左右すると言われ、乳酸菌を加えた繊維質を多く含むビール粕を利用した「もとぶ牧場」オリジナルの菌体醗酵飼料を与えることにより不飽和脂肪酸の割合が高くなります。

(一般的な黒毛和牛の平均値が55%なのに対して、もとぶ牛の平均は58%)

オレイン酸等の不飽和脂肪酸の割合が高く脂肪融点が低い為、口溶けのよいとろけるような甘さがお肉の特徴となっています。

石垣牛

八重山諸島で生まれ育った牛を「石垣牛」と呼びます。

和牛で有名な「松坂牛」や「神戸牛」などのブランド牛のほとんどが「黒毛和牛」とよばれ、それらは子牛のうちに各地にかわれブランド牛として育てられるため、出生はそのほとんどが『石垣牛』です。つまり、ブランド牛の原点ともいえます。

口どけの良い脂と、濃厚で甘みのある赤身本土の牛肉に比べて霜降りはありませんが、肉に力があり脂が甘いため、ため食べてもくどくなく、あっさりとしています。
usi-small

沖縄県産豚

アグー

今から約600年前に中国から渡来し、沖縄で飼い続けられていた小型の「島豚」が由来とされている沖縄固有の貴重な在来豚です。霜降り肉で脂に甘みと旨みがあり、一般的に市販されている豚肉に比べて肉質が優れていると評価されています。普通の豚に比べてかなり小型で、成長が遅いです。(大人のアグーの体重は約110kgですが、普通の豚は200~300kgです。)
agu-small

やんばる島豚

「アグー」と「バークシャー(西洋黒豚)」を交配させたのが「やんばる島豚」です。抜群の味と高い栄養価が特徴です。肉色は濃くなくサシが入っており、とにかく脂が甘く旨みもたっぷりでクサミがありません。

一般の豚肉に比べて旨み成分であるグルタミン酸が多く、コレステロールが少なくなっており、その他にもビタミンB1やオレイン酸などが豊富に含まれています。

と、ざっと紹介してみましたが、有名なもの以外にもまだまだ種類はたくさんあると思われます。せっかくの「いい肉」の日なので、たまには贅沢してみるのもいいかもしれませんよ!筆者も今日くらいは美味しいお肉を食べたいと思います…。