最低な会社が、最高の社畜を創った

社畜

ハイサーイ!

突然ですが、wEVAではインターンを募集しています!
「何故この時期にインターン募集するの?」だって?
人でが足りないからですよ!どこの会社だってそうでしょう?人が足りていたらこんな記事書きませんよ。
まあこういう記事を書くと、ブラック企業と勘違いしてしまうと思うので、wEVAでインターンするとこんな特典があるっていうPRをしたいと思います。

1.カッコいい机で仕事ができる。

机
机2

wEVAに来るとまず最初に机のプレゼントがあります。自分だけの机で仕事ができるって、こんなに幸せなことはありません。
社長曰く「超合紙Zで出来ているから、普通のクソみたいな机よりも丈夫だ!お前らは一生この机でも使っとけ!」ということなので、きっと高級な机なんでしょう。
高級な机をこんな下っ端にプレゼントするなんてさすが社長です。太っ腹!

2.会社の人とワイワイしながら仕事ができる。

お喋り

普通の会社だとワイワイ仕事なんかしてたら顔面パンチ・モンゴリアンチョップ・地獄突きなどが飛んできます。下手するとパイプ椅子で脳天を割られるかもしれません。
でも安心してください!wEVAならワイワイしててもそんな非人道的なことは一切しません。
素敵な仲間とお話しをしながら、楽しく仕事ができます。
ワイワイしてても怒らない社長は仏のように輝いて見えます。カッコいいです!尊敬します!
皆も僕とワイワイお喋りしませんか?

3.マジデーZのになれる。

マジデーZ

なんとwEVAに来ると、ロボットに変身できちゃいます。
それだけではありません。なんと、マジデーZになった状態で外出が出来ちゃうんです!
しかも人目に付く場所に出向いて、人々に白い目で見られるというご褒美も付いてきます

マジデーZ2

これだと「マジデーZになれるのは一人だけじゃん!僕もマジデーZになりたいよぉ!!」と文句を垂れるクソ豚共がいるかもしれません。でも大丈夫!他にも、「グレートマジデーZ」や「グレンダイザー」などまだまだ色々なロボットを用意しています♪しかもこのロボットも超合紙Zでできているので丈夫です。

ダンボール

銃弾なども弾くので、いざという時に役に立ちます。
一つ注意として、このマジデーZは、かの有名なマ〇ンガーZのパクリではありません。勘違いしないようにしてください。あと、「パクリでしょ?」的な事を社長に聞くのも厳禁です。仏のような社長もさすがにキレます。顔の原型が分からなくなるくらい殴られたくなければ気をつけましょう。

4.おいしい物が食べられる。

食す
グッと

なんと、会社で食事が出ちゃうんです!凄いと思いませんか?
最近会社で出していただいた食事は「ガリガリ君シチュー味!」
もう、おいしいのなんの!美食神である社長に「食え」「食べろ」と言われた物は絶対においしいです。絶対なんです!まずい物なんて何一つないんです。本当です信じてください!!
「次は、アフリカマイマイでも食うか」と言われた時はうれしすぎて身震いしたものです。
社長が提供する食事を、皆も一緒に食べよう!

5.定時で帰れる。

暗闇

これは、会社に勤めてる人には魅力的な言葉ではないでしょうか?
wEVAではAM9:00~AM9:00までという勤務時間で、なんと残業もありません!ちゃんと朝9時に出勤して朝9時に帰れます。しかも365日出勤なのである意味毎日が休みみたいなものです。

6.なんといっても社長がいる。

もうこれに尽きます。他に何もいらない位に大きな存在です。
ただの社員としてではなく、僕らを暖かく、親切に、丁寧に、わが子のように育ててくれます。
しかも、「美食神」「仏」「人類最凶の生物」など沢山の呼名があります。
ただ、決して社長に口答えしてはいけません。口答えなんてしないと思いますが一応言っておきます。

どうです?魅力的な会社ですよね。
気になった方は是非インターンシップの申し込みをしてください!今すぐにでも!
お願いします!本当に助けてください。怖いです。一人は嫌です!僕と一緒に働いてください!!
この記事だって僕の意思でかいえぁdljgh




おっと!少し気が動転してしまいましたね♪上に書いた言葉は本心ではないので気にしないでください。
私と一緒に楽しくインターンシップをしてみませんか?お待ちしております。

では!

Author Profile

すずき たかまさ株式会社wEVA代表取締役

沖縄に移住してあっというまに何年も経過しました。大勢の方と知り合え、本土にいたままでは経験できないようなこともいっぱい経験させてもらえて感謝の毎日です。


すずき たかまさ

沖縄に移住してあっというまに何年も経過しました。大勢の方と知り合え、本土にいたままでは経験できないようなこともいっぱい経験させてもらえて感謝の毎日です。

7 thoughts on “最低な会社が、最高の社畜を創った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です