Mac争奪戦~インターンシップ生の願い~

ハイサーイ!

今日は皆さんに株式会社wEVAの会社紹介をします。

どうしてまた会社の紹介をしたのかというと、

最低な会社が、最高の社畜を創った
皆
株式会社 wEVAの秘密(?)~平良の願い~

2つの記事で、かっこいい机とインターンシップ生を募集しましたよね?

記事の反響が凄くてマジデジのアクセス数が、10倍くらい増えました!ありがたいことです。

で・す・が

インターンシップ生も机も来ない!!アクセス増えて「マンモスうれぴぃ~」とか言ってはしゃいでいたのに両方来る気配なし!机まで作って待っていたのに…

「マンモスうれぴぃ~」とか言っていた自分がはずかしいっす!

どうして?

アクセス数が増えたのにどうしてお問い合わせがないのか…色々考えた結果、会社の宣伝不足だったという結論に至りました。

確かに、ダンボールを机にしたり、会社にブラック臭を漂わせる内容の文を書いたり、おふざけが過ぎました…反省しています。    なので今回はちゃんと真面目に会社の紹介をしたいと思います。 ・ ・ ・ というわけで!!

今回は株式会社wEVAの仕事中の風景を紹介します。株式会社wEVAではWeb(ホームページ)の制作を仕事としていて、会社で取り組んでいるペアプログラミング形式で仕事をしています。

この「ペアプログラミング」とは、

2人のプログラマが1台のワークステーションを使って、共同でソフトウェア開発を行う手法で、一方が単体テストを打ち込んでいるときに、もう一方がそのテストを通るクラスについて考えるといったように、相補的な作業をすること。

という風に説明されています。

実際にペアプログラミングをしている様子を紹介してみたいと思います。

ペアプログラミング

どうですか?会社って雰囲気が良くないといけない。それにはやはりパートナーとのコミュニケーションが大切ですよね?

コミュニケーションをとるのにペアプログラミングはすごく向いていると思います。

いついかなる時でも

ペアプログラミング2

コミュニケーションがとれます。

まあ、インターンシップメンバーにパソコンが一つしかないことに対しては誰も不満は持っていませんし、皆ペアプログラミングに大賛成なので♪

我々は絆が強いチームなのです!!

Macmini

(社長)「おーい!お友達からパソコンもらってきたぞー。しかもMac♪」

ペアプログラミング

喜び

やったーMacだー♪

憧れだったMacを譲ってもらいました!感激です!!

(社長)「で、誰がMac使うの?」 ・


取り合い

(Y村)「俺のパソコンだい!」

(僕)「はなせ小僧!お前にマックが使えるか!!(もののけ姫風)」

取り合い2

お見苦しい場面をお見せいたしまた。申し訳ございません。

完全に裏切られました。ペアプログラミングで絆が深まったと思いきや突然の裏切り!人間っていう生き物はやっぱり恐い生き物です。

取り合いで解決しないとのことなので、じゃんけんにしました。

じゃんけん

ぽん!

何回じゃんけんしてもアイコになってしまいます。
仕方なく最後はあみだクジで…

あみだ

あみだ2

負けました。憧れだったMacにもう少しで手が届いたのに…

まあ、これで別々でパソコン使えるし、お客さんが来た時に「こいつらホモなの?」という目で見られなくなるし清々します。

でもホントは使いたい…

スリープログラミング

結局こうなりました。

「今日の記事もふざけてるじゃん!」と思っている方、僕は大まじめです!

株式会社wEVAではパソコンも足りていません。なので、パソコンを譲って下さる方を探しています。しかもMac限定!僕の体がMacしか受け付けないのです。

このMac使ってないからいらない、新しく買うから古いMacがいらないって方は是非僕にMacを譲って下さい。

待っています!お願いします!!

机、インターンシップ生もまだ募集しています。もう、この3つの内の一つが会社に来るまで、しつこく募集記事書いていこうと思っています。

そんなの嫌っすよね?

じゃあ机、インターンシップ生、Macどれか下さい!!

土下寝

ではでは!!

Author Profile

すずき たかまさ株式会社wEVA代表取締役
沖縄に移住してあっというまに何年も経過しました。大勢の方と知り合え、本土にいたままでは経験できないようなこともいっぱい経験させてもらえて感謝の毎日です。

すずき たかまさ

沖縄に移住してあっというまに何年も経過しました。大勢の方と知り合え、本土にいたままでは経験できないようなこともいっぱい経験させてもらえて感謝の毎日です。

コメント