Mac奮闘記 〜犯人はヤス(?)〜

おはこんばんちわ!

この記事を読んでる人が何時に読んでいるか分からないのでまとめてみました!

これは今までWindowsを使っていた私が、会社の都合上開発業務を学ぶ上で日々Macと繰り広げる死闘を綴った物語です…。

そんな私は人生で二度目のMacに触る機会なわけですが、これがまたとんでもないやつで一筋縄ではいきません!

(…こやつ…操作が全然分からん…まったく、かわいくないやつめ…。)

そもそも私自身、10年ほど前に一度、しかもほんの数分だけ触ったっきりなんだから当然と言えば当然の結果です。
それでは、数々の死闘をご覧ください…。

その1
「よっし、それじゃあいつも通り記事を書くか!」と意気込んでいざ始めようとする私は早速Mac様に回し蹴りをいただいて盛大にこけます。ナンデ!?

…文字入力の際、Windowsでは「半角/全角キー」で日本語入力に切り替えますが、Macでは「`(バックダッシュ)」が出てしまうだけなんです…。
Macで日本語入力に切り替える方法は「commandキー+spaceキー」となっています。
ちなみに、使い始めて二日目の私は何度も何度も間違えます。ブチキレそうです。

その2
「そういえばさっき記事の更新をしたし、ページを再読み込みするか!」と意気揚々と再読み込みをしようとする私に、今度はMac様からありがたいカカト落としをいただきました。ガフゥッ!

はい、もう想像はつくと思いますが、Windowsでのページ再読み込みは「Ctrlキー+F5キー」ですね。これ、Macで押しちゃうとなんとMacが喋りだします。そんなことを知らない私は怪奇現象かと思って滅茶苦茶ビビリました。独りでに喋りだすPCなんて恐怖でしかありません。

(…Macの呪いか…これが「呪われたMac」なのか…)とまで考えてしまいます。

*これはMac OS Xに標準搭載されている「VoiceOver」という機能で、画面上の文字を読み上げてくれたりする優れものです。画面を見なくても操作できるとか!

その3
「画像のリサイズだけしたいし、ペイント的なものはないかな」と色々なところを弄りまわる私に、Mac様は哀れみに満ち溢れた右ストレートをくださいました。アベシッ!

(…おいちゃん…もう限界だよ…どうして私だけこんな目に…)…なんだか花畑も見えてきました。

残念なことにMacには標準搭載のペイントソフトがありません。きっとジョブスが不必要だと思って開発段階で捨てちゃったんだね…。そんなわけあるかー!めっちゃ不便じゃー!

というわけで今現在、私は画像のリサイズのみは「Resizelt」というソフトを使用しています。本格的に画像を編集することがあるなら、その時にまた探したいと思います…。

こんな感じで日々(というか一日の間に何度も)Macと死闘(というより一方的な暴力)を繰り広げています。

この記事を書いている間にも、「半角/全角キー」の押し間違いを6回もやってます。もう泣きそうです。

幸い、「二日目にしてはよくできているんじゃないか」と、自分を褒めてあげたいです。そうでもしないとやってられません!こんなん折れるわ!ギャフン!

…でも頑張らないとMacを奪われてしまうので、暫くは頭を搔き毟りながらMac様からの暴力に耐え頑張りたいと思います。

Author Profile

すずき たかまさ株式会社wEVA代表取締役
沖縄に移住してあっというまに何年も経過しました。大勢の方と知り合え、本土にいたままでは経験できないようなこともいっぱい経験させてもらえて感謝の毎日です。

すずき たかまさ

沖縄に移住してあっというまに何年も経過しました。大勢の方と知り合え、本土にいたままでは経験できないようなこともいっぱい経験させてもらえて感謝の毎日です。

コメント